HOME>コラム>固定電話を利用すると何が変わるの?導入する理由

固定電話を利用すると何が変わるの?導入する理由

受話器

ビジネスには欠かせない電話

最近は、携帯電話が普及してきてや店舗に固定電話がないところも多くなってきています。用事があって、電話をした時に携帯電話も要件ですが、会社やお店などで固定電話がないとそこの本当に存在するのだろうかと少し、心配になります。携帯電話は、誰でもどこででも契約することがきます。そうなると会社やお店などが、実際にあるのか心配になります。その点、固定電話は、都道府県や市町村によって電話の番号が決まっているので所在がしっかりとしています。実際にそこに、存在しているという安心感があります。固定電話は、最低の資産をもっていますし、身分などの証明などもしっかりとしているのでビジネスには、信頼を得るためにも固定した電話が必要と考えられます。

固定電話

信頼感が全く違ってくる

携帯電話は、いつでもどこでも移動できるので大変便利ですが、手軽な分誰でも契約できていてまいます。逆にいうと、簡単に解約をしたりすることもできるということです。その点、固定電話は、移動できない分信用の度合いが高くなります。固定電話は、自分の住所などを登録するので信頼度合いが違ってきます。携帯電話は、個人の居場所を特定しづらいですが、固定電話は自宅が特定できますし、簡単に移動したり番号を変えたりすることができないのでなにかあっても連絡がとりやすいというメリットがあります。クレジットカードを作成するのにも今は、携帯電話の番号でも作ると言われますが、以前は家電がないと難しいと言われていました。それだけ、携帯電話と固定電話の信頼感が違うということなのでしょう。